双六ねっと

双六ライブラリー

双六の歴史と文化

楊先生スペシャル!
集まれ!スゴロキアン
双六なんても情報源
ABOUT US



Copyright(c)2000
TSUKIJI SUGOROKUKAN
築地双六館

お問合せ

 

ABOUT US

このサイト作りにかかわったスゴロキアンたちの紹介です。

築地双六館 館長です!築地双六館館長!
吉田 修

1995年から双六のコレクションを始め、2000年5月に「懐かしの絵双六展」を楊暁 捷先生と開催し、 2004年には山本正勝先生と共著で「〜伝承遊びシリーズ〜 双六」 を出版しまし た。 双六には時代の価値観、つまり、夢・憧れ・希望がわかりやすく表現されています 。 そこが面白いのです。築地双六館はまだ、「振り出し」に立ったばかりです。 スゴロキアンとしては、色々な夢がありますが、多くの人との出会いにより、 一歩ずつ「上がり」に近づくその過程をおおいに楽しみたいと思います。 双六以外の趣味は、「山登り」、「水泳」、「果実酒作り」、「築地市場探検」で す。 島根県松江市出身築地在住。4人家族。
館長が語る「スゴロキアンの夢」


はるかかなたの カナダより・・監修・アドバイス
楊 暁捷 (X. Jie YANG)

カナダ・カルガリー大学教授
京都で過ごした学生時代は、いわゆる「軍記もの」を専攻にし ておりました。いまから10年ほど前からカナダに住むように なってから、絵巻の勉強をしています。『長谷雄草子』という 作品を縁に双六を知り、そしてインターネットが大きなきっか けとなって、紙双六の魅力に魅せられてしまいます。絵から再 び文字に戻り、自分のもつ近世の知識の欠如を痛感し、あたら めて勉強しなおす決意をするいまこのごろです。
楊先生のページ


現在赤毛英訳
片山 雄一

館長とは幼なじみの間柄。英語とドイツ語と電算が得意分野。賭け事 と生魚が不得意分野。 今回「双六ねっと」の英訳を担当しました。双六は、世界に紹介され ていない日本文化の一つなので、反応が楽しみでもあり、ちょっとし た怖さもあります。


サイトプロデュース
土肥 正和

吉田さんの部下だった会社員時代の経験も活かしつつ(?)、21世紀初頭に独立を決意。Web制作や各種デザイン業務をこなす日々を送ってます。長野県松本市在住。


その他、このサイト作りにご協力いただいた方々

伏木寿亭先生
勘亭流の達人。タイトル「双六ねっと」と「築地双六館」の文字を書いていただきました。→サイトはこちら

楓ちゃん
トップページと「集まれ!スゴロキアン」コーナーののイラスト担当。 吉田館長の愛娘(妙齢)。

雑誌・メルマガへの紹介記録 | 相互リンク集